×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


リンパとは?

 リンパとは、リンパ管を流れるリンパ液、リンパ液をろ過するリンパ節、それに胸腺や脾臓などの特殊な器官を加えたものを総称したもののことです。リンパ管は静脈に添った形で全身に張り巡らされています。そしてその中を流れているのがリンパ液です。
 動脈によってからだの隅々まで送られた酸素や栄養素は毛細血管に入り、そこから細胞の中に取り込まれます。その代わりに細胞でいらなくなった老廃物や二酸化炭素が再び毛細血管から回収され静脈に入り、やがて尿として体外へ排出されます。
 このとき毛細血管から取り込むことのできない大きな老廃物を回収して運ぶのがリンパ管の役割です。余分な水分も取り込み、リンパ液となって流れていきます。また身体に害を及ぼす細菌やウィルスなどもいっしょに取り込み、リンパ球という血球がやっつけたり、その抗体を作って次の攻撃にそなえるという免疫活動をおこないます。老廃物や細菌の死骸などはリンパ管の途中にあるリンパ節でろ過し、最後は静脈へと合流するのです。
 リンパ節は全身800ヵ所以上あると言われていて、 主なものとして耳下腺、顎下、頸部、腋下、鎖骨、ひざ裏などに大きなリンパ節があります。

 リンパ管は血管に沿った形で全身に張り巡らされていて、常に一定方向に流れています。リンパ管には静脈と同じように弁がついていて、逆流することはありません。しかし、血管は心臓がポンプの役目をして血液の流れを作っていますが、リンパ管にはそのような器官がありません。拍動のわずかな刺激や筋肉の収縮によって流れていて、とてもゆっくりしたものです。しかも眠っているときや疲れているときや、緊張したりするとますます流れが悪くなってしまいます。その結果、リンパ液が細胞内に残ってしまい、老廃物が排泄されませんので、身体にさまざまな支障が出ることになるのです。
 リンパ液の流れが悪くて起きるトラブルとして、足のむくみがあります。長時間座りっぱなしだったり、立ち仕事が続いたりすると、筋肉の収縮が無く、リンパの流れも悪くなり、足にむくみが出てしまいます。また顔のリンパ液が滞ると、ニキビや肌荒れ、くすみなども出てきます。さらに首や肩などでは乳酸が溜まり、肩こり、頭痛の原因となります。
 ではリンパ液をスムーズに流すにはどうしたらよいのでしょうか?筋肉の収縮と拍動の他にもうひとつ、「さする」ということがあります。リンパの流れを促すマッサージをリンパドレナージュといいます。マッサージと言っても、これは筋肉をほぐしたり、つぼ押しのように、ぐいぐいと強くするものではありません。あくまでもソフトに行なうものです。リンパ液は強く押したからと言って流れるものではありません。かといってなでるだけでも流れはできません。軽くさする(軽擦)、というのが肝心です。足の部分だけでも、しっかり流してあげることで、全身の流れがスムーズにいくようになります。そうすることで、老廃物がどんどん排出され、新陳代謝もよくなりますので、健康と美容に効果があらわれることでしょう。



 戻る