×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

受講生の声
No.4

20期生 N.K(合志市)
このフットケアセラピスト養成講座に参加して、とても良かったと思います。たまたま、人を癒すお仕事をしたいと考えていたときに広告で募集をみつけました。すぐに受講しようと決めました。授業は少人数制で先生にもじっくり教えていただけるので良かったです。
実際に18人の方に実習をさせてもらい、感じたことは人それぞれに足の形も違うし、人それぞれ強さの感じ方も違うということです。
実習の段階でしたが、受けてくれた方は「気持ちよかった」と言ってくれました。その言葉を聞くと『もっと上手になって、もっとリラックスしてもらえるようになりたい』とやる気が出てきます。
これからもたくさんの人に喜んでもらえるように、気持ちを込めてマッサージをしていきたいと思います。



20期生 T.T(合志市)
私がフットケアの講座に参加しようと思ったきっかけは、2007年は何かに挑戦したいと思い色々と探していたところ、たまたま見ていたものに、このフットケアが載っていて、是非やってみたい!と思いました。
難しいだろうなという気持ちがあり、初日はずごく不安でしたが、講師の先生方も優しく、一安心しました。
でも実際にやってみると、なかなか思うように指が動かず、みんなについていけるのだろうかと思い、練習をしっかりするしかないと思いました。
18名の名前がいると聞いて、そんなにできるかなぁと思いましたが、どうにか集めることができました。
この講座に参加するまでは、人によってツボの位置が違う等考えたりすることもなかったので、実際一人ひとりフットケアをしてみて、こんなに違うんだと驚きがたくさんありました。足の裏の硬い人、やわらかい人、人によって強弱も違って難しかったです。中には無反応の人もいたので、次回フットケアをするときには、この人から「気持ちよかった」という言葉が聞けるようになるぞ!と思いました。
今回はほとんど年齢が近い人にしかしていないので、これからは幅広い年齢層まで広めてケアをしていきたいと思います。
フットケアとは人の心を優しくしてくれるものだと思いました。参加できて
よかったです。


20期生 F.R(富合町))
以前から整体等に興味があり、いつかは勉強をしてみたいと考えていましたが、時間の都合上、仕事をやめなければ無理だろうと思っていました。そのとき、広告でフットケアセラピスト養成講座があることを知り、リラクゼーションを目的とした手法があり、講座も日曜日に開催されていたので、今回参加させて頂きました。
実際に始めてからは母と姉に毎日のように相手になってもらいながら練習をしていたのですが、なんだか何となくやっているような気がしていました。一応、気持ちいいと言ってもらえるようにしてはいるのですが、別の方にすると痛かったり、くすぐったがったりと。できるだけ多くの人に施し、それぞれの人に合ったフットケアが出来るようになりたいと考えています。
講習時にはちょっと講師の先生が助言して下さったり、実際にやっていただくと、より気持ちよかったりするので、一度体験できるともう少しやり方がわかりやすいのではないかと思います。
この講習後も機会があればフォローアップセミナーを通して、より多くの方にリラクゼーションの時間を与えていければと思います。


20期生 T.N(熊本市)
40歳を過ぎて、体や肌の老化が気になりだして、健康で病気をしないためには、またいつまでも若々しくいられるにはどうしたらいいか、と言うことに興味を持ち始めました。
一年前からエステ(美顔)の勉強をしていて、何人かのお客様にしてあげることによって、喜んでもらえたことに感動し、自分も健康に気をつけながら、なかなか忙しくてストレスの多い生活を送っている人たちに「いやし」の部分で満足させてあげられたらと思うようになりました。
そんなとき、フットケアの話を聞いて、スキルアップにもなるかと思い、今回申し込みました。
実際実習してみると、エステとは違って(力の入れ加減等)難しかったのですが、何人も施術していくうちに喜んでもらえるようになって、とても嬉しく感じました。これからももっとたくさんの人に喜んでもらいたいと思っています。




19期生 S.K(菊陽町)
フットケアを広告で知り、興味と自身の何かの役にたてばと思い受講しました。18名の練習が必要とわかったときは、ちょっと自信ありませんでしたが、いろんな人と触れあうことにより、フットケアを通じての関係が出来ていくことが楽しくなりました。また、してあげた人たちからも「よかった」という感謝の言葉を頂き、うれしく思いました。
フットケアに関してはまだまだ完璧ではないので、これからもフットケアをする機会を作って、勉強していきたいと思います。


19期生 K.Y(合志市)
健康に関心があり、フットケアのマッサージが覚えられると思ったときに、すぐに養成講座に参加しました。
私自身が足裏のつぼを押すことが気持ちよくて、自己流で押していました。他の人にマッサージをしてもらったら、とても気持ち良いだろうなと思っていましたので、他の人の足もマッサージして差し上げたら、やはり気持ち良くてよろこばれるのではないかなと思っています。
講座では楽しく教えていただいて、全く苦痛にはなりませんでした。きちんとしたリンパの流れを知ることでまた健康に対して正しい知識が身に付き私はうれしいです。


18期生 T.Y(熊本市)
この講座の案内をここに来る2ヶ月前に知りました。気にはなりながらも、なかなか勇気が出なかったのですが、毎日、同じ日々の繰り返しの生活ではなく、外へ出て頑張ってみよう!と思い、参加させていただくことにしました。
初日で覚えられず、挫折しかけましたが、2回目で先生に教えていただき、家族や周りの人に足を借りて練習させてもらい、「気持ちよかった。ありがとう」と声をかけてもらたときは嬉しく思いました。
事務職をしていますが、普通に仕事をしている上では、こんなに感謝されることはありません。今回学んだことを生かして、人に喜ばれる事をやっていこうと思っています。
講座に参加させていただいて、本当に良かったと思っています。


18期生 M.Y(植木町)
以前から冷えや肩凝りがあり、体質改善に取り組みたいと思っていました。広告でフットケア講座を知り、少しでも健康になる為の事を学べるならと思い、参加させて頂きました。
実際に講座で勉強し、施術を受け、自分で体験し、リンパの流れを刺激することで体が健康になることを学べてよかったと思います。
足がむくんでいる人にマッサージをした後、リンパの流れが良くなった為、足が細くなったと見えるほど軽くなったと喜ばれたときは、講座を受けてよかったと思いました。
短時間でのフットケアで、これ程リンパの流れが良くなるのだということを知り、驚いていると同時に、マッサージの重要性を知り、講座に参加してよかったと思っています。
身近な人にフットケアを行なって、健康になってほしいと思います。


18期生 N.M(熊本市)
自分に何か出来ることを探していたところで、広告を見ました。自分も疲れたときに足裏を踏んでもらったりしていましたので、これなら人に喜んでもらえるだろうと思い、とても勉強したいと思いました。
実際にいろんな方の足のあたらせてもらい、感じたことは、力の加減も足の形も人それぞれなので、よく聞きながらしなければいけないと思いました。また、ほとんどの人が足に関しては、疲れは感じていながらも、ケアすることはなかなかできないと言われました。そして、マッサージの後は、たくさんの感謝の言葉を頂いて、このフットケアを勉強して、ほんとうによかったと思っています。
これからも多くの人にリンパマッサージでのリラックスを体験してもらえるように、上手になって、させてもらいたいと思っています。
教えて下さった先生と、ペアでさせてもらった同期の方、ありがとうございました。


17期生 H.S(合志市)
フットケアを始めた理由は、ある広告を見て、講座が行なわれる場所が目と鼻の先というのが一番の理由です。以前から興味もあり、今受講せずしていつするか!と自分に言い聞かせ、講座の門をたたいたしだいです。
フットケアを学び、足が人間の体でとても負担が大きいところなのに、今までいたわってあげていなかった事、反省しています。自らがフットケアセラピスト養成講座に参加しようと思ったこと自体に拍手を送りたいくらいです。
たくさんの人たちにここで学んだ技術を実際してあげ、そこで終わらない様に自分自身も勉強して技術の向上を高めていきたいと思います。
講師の方々に深い感謝でいっぱいです。そして、ここで一緒に学んだ方々ともこれからも交流をし、末永いお付き合いができたら幸いです。



17期生 I.M(合志市)
日頃から職場などでネイル(ペディキュア)をしてあげていた際、我流でのアロマオイルマッサージを行なっていたのですが、広告を見て、折角施術してあげるのなら、きちんと習った方が私自身、そして相手の為に良いと思い、受講を申し込みました。
実際に受講し、1つ1つのポイントを学ぶにつれ、"ツボ″や"流れ″の大切さと、又、施術される側の心地よさを知ることができ、とても有意義な物(時間)となりました。まだまだ未熟ではありますが、実習での喜んでいただけた姿を目の当たりにすると、こちらまで癒される思いになります。きちんと学べたからこそ、今後も続けて行ける事と思っております。
職場の人間関係から生まれた付き合いの中で、今後の仕事につなげて行ける可能性も大きく、思い切って挑戦してよかったです。
普段、なかなか人の輪に自ら入って行く事のない私ですが、講師の先生を始め、教室の方々もとても和やかで、明るく楽しく学べたことに感謝しております。
知識と技術、そして人との出会いを与えていただき、ありがとうございました。


17期生 M.M(八代市)
足裏の大切さを幼い時からいわれていたのですが、どこかに忘れていました。今回、ゆっくり、しっかり学ばせて頂き、これからの家族との生活に大いに活用できると思いました。そして、子育てが一段落した今、第二の仕事のパートナーとして、このフットケアを活用していけたらと今は胸をふくらませています。
手を動かし、会話をし、なおかつ、その人にリラックスしてストレス解消の一つとしてとらえてもらえる!私も喜びの一つとしていけることを仕事にして行けたらと考えています。
これからじっくり考えて、私の人生の中で大きな役割をするフットケアと一緒に勉強していきます。フットケアと出会えて、今はみんなに感謝しています。(第二の仕事のパートナーさがしは、大きな収穫になりました)


16期生 Z.S(合志市)
一日、あるいは一週間、おげさに言えば一生の中で心身を癒すということがとても大事なことであると思います。人を癒しながら、実は自分自身も癒されているのですから、不思議に思います。人に喜ばれ、自分も少し社会に役立つことが出来ているのではないかと思うとき、幸せを感じることができます。
ひとりでも多くの人に、心身のリラクゼーション効果を味わっていただき、ほんのひとときでも幸せを感じてもらえたら、うれしく思います。
フットケアに限らず、様々なリラクゼーションをこれから勉強したいと思っています。



16期生 S.S(熊本市)
私は訪問看護ステーションに勤めており、利用者の方にマッサージをする機会がとても多いのですが、今まではちゃんとした知識もなく「だいたいこんな感じかな・・・」という感じでマッサージをしていました。
この講座を受け、しっかりとした知識と技術を身に付け、自信を付けることができました。まだまだ手の使い方、マッサージの流れ等、スムーズに行かない部分もありますが、毎日続けていく事で自分のものにしていきたいと思います。
いずれは、この道に進み、たくさんの方を癒してあげれたらいいなと考えています。


16期生 S.H(宇土市)
職場(病院)で患者様にたのまれ、時折マッサージを行なっていたが、自分がわかる範囲で適当にしていた為、どうせするのであれば正しいやり方を身につけたいと思った。そんな折、新聞で広告を見つけ問い合わせるに至った。
最初、通い始めた頃は弾性が一人ということもあり、とまどった部分もあったが、先生を含め周りの皆様がやさしく、すぐ場に慣れることができた。今、ここにきてよかったと自分の中で思えることがある。それは、家族、周りの方々にフットケアをした所、大変喜ばれたことだ。「またしてくれ」「気持ちよかったよ」など言ってもらえ、とてもうれしく感じることができた。今後はフットケアに関する知識をさらに深め、周りに、しいては社会に貢献していけたらと思う。


9 8 7 6 5 4 3 2 1